即実践のTHK免震。
サーバー、光学機器、医療機器、精密機器など、企業や団体の財産や、国宝の重要文化財といった貴重な美術工芸品を地震から守ります。

データセンターや公共機関、美術館や博物館などで数多くの採用実績があります。

免震テーブル

TSD型
免震テーブルTSD 型は、床に設置するだけで機能する免震装置です。サーバーや、精密機器、美術品などに数多く採用されています。
(搭載荷重30~1,200kgまで)
#

TSD型について分かりやすく解説します

サーバーや精密機器、美術品などの大きさや数にあわせて柔軟な対応ができます。
免震テーブルTSD 型の設置は床に置くだけ、特別な工事は不要です。
また連結が簡単にできるので、大がかりな工事をせずに免震の効果が得られます。

構造

#

特長

  • 固定工事が不要
  • 設置が容易
  • テーブル高わずか90mm
  • メンテナンスフリー
  • 連結による増設も簡単
  • 搭載重量は30~1,200kg
  • 瞬時に揺れに応答

映像を再生いただくためには、別ウィンドウが開きますAdobe Flash Playerが必要となります。

免震テーブルTSD型用トリガー
(待機時ロック機構)
#

免震テーブルTSD型用トリガー

名称 外付けタイプ 内蔵タイプ
Trigger-A Trigger-B Trigger-C
仕様 Trigger-A地震感知ロック解除機能付き Trigger-B1回使い切り仕様 Trigger-C内蔵型摺動仕様
特長 地震を感知すると自動でロックが解除されます 1回使い切りの樹脂製トリガー すべり機構を内蔵することで
待機時にはトリガー機能(保持力)、
作動時には減衰効果を発揮します。
使用条件 最低仕様個数2個~
動作後、手動復帰
繰り返し使用可能
最低仕様個数4個~
作動毎に交換
最低仕様個数2個~
(地震後も操作不要)
保持力 50N/個 75N/個 100N/個

注1)各トリガーは、既存の免震テーブルTSD型にも後付けが可能です。ご相談ください。

注2)トリガー使用個数は、モジュール数や搭載質量により異なりますので、ご相談ください。

Trigger-A 「地震感知ロック解除機能付き」

最低使用個数:2個~

動作後も繰り返し使用可能。動作後は手動で復帰。

  • Trigger-ATrigger-A
  • 取付け例取付け例
  • 作動時作動時

Trigger-B 「1回使い切り」

最低使用個数:4個~

1回使い切りの樹脂製トリガー。動作ごとに交換。

  • Trigger-BTrigger-B
  • 取付け例取付け例
  • 作動時作動時
TSDをご利用の事例はこちら