お客様の情報はまさに資産。免震装置で万全に守ります。

三島信用金庫様

三島信用金庫では本部と各支店をネットワークでつなぎ、お客様の情報は常に本部のサーバーで一括して蓄積・管理されています。当金庫では、企業機密や顧客名簿の流出、ネットワークを介して攻撃されるような人災対策については万全のセキュリティ対策を施していますが、不安がありました。地震等の天災対策で、データのバックアップ体制は当然取ってあるのですが、復旧には時間がかかります。そんな折、THKの免震装置を知るきっかけがあり、デモ映像を見る事で免震の効果を認識し、説明を聞く事で天災に対する情報保護の重要性とサーバーのアンカー止めだけではBCP対策には十分ではないと気が付き導入を決意しました。駿河湾地震当日、真っ先にサーバーの安全確認の命令があり三島市は震度5弱でしたが、免震装置の効果でサーバーには全く影響がありませんでした。金融機関にとってお客様の情報は大切な資産ですので、コストをかけてでも保護するのは当然の義務だと思っています。支障なく業務を執り行うために、現在3台設置してある免震装置を5台に増やし、今後も安全対策を充実させていく方針です。

(THK CSRレポート 2010 より)

三島信用金庫 事務部
調査役
中村 直樹様

このページの先頭へ